Greg Irwinの業務についてのお問い合わせは
03-3728-3130 グレッグ・アーウィン フィスまで

シンガーソングライター

実績やリリースCDのご案内

司会

バイリンガル司会者としての実績のご案内

声優・ナレーション

毎日どこかでグレッグの声が流れています

テレビ出演・アクター・舞台

舞台役者としての経験を生かした活動のご案内

翻訳

翻訳のご案内と実績

講演

日本語で綴るオリジナル講演と実績のご案内

シンガーソングライター
グレッグ・アーウィン

グレッグ・アーウィンは、第一回ジョン・レノンソングライティングコンテストで オリジナル曲「Falling in Love All Over Again」を歌い、R&B賞を受賞しました。
日本の童謡を英訳したことをきっかけに本格的な追求を始め、 現在では英訳した楽曲、その数100曲以上にものぼります。
その功績が讃えられ、 日本童謡協会「童謡文化賞」などの賞も受賞しました。 日本について理解力に富むグレッグはジャンルを問わず、 J-POPや演歌、歌謡曲なども英訳しています。

グレッグ・アーウィンは「童謡の伝道師」として プロフェッショナルシンガーとして各地で活躍しています。
グレッグ・アーウィンが唱う童謡は、メロディーを単になぞるのではなく、 心から日本を理解した上で歌詞を自ら英訳し、それらを用いることで情感豊かに表現しています。 日本に憧れを抱いていた少年は大人になり、遠くアメリカから日本にやってきました。 日本の風土・伝統を愛し、また美しき文化を守り伝えていくこと、、、 グレッグはこれらをライフワークにしています。

主なステージは、
東京:こまばエミナース、渋谷JZ Brat、草月ホール、めぐろパーシモンホール、かつしかシンフォニーヒルズ、浜離宮朝日ホール
逗子:アリス・ヴィラ・リゾート
千葉:千葉県文化会館
秋田:アトリオン
石川:音楽堂コンサートホール
香川:アクトホール
鳥取:県民文化会館、わらべ館
U.S.A.:NYリンカーンセンター
客船:ぱしふぃっくびいなす、飛鳥Ⅱ、日本丸、など

グレッグへの出演依頼はグレッグ・アーウィンオフィスまでお問い合わせ下さい。

グレッグ・アーウィンの司会

バイリンガル司会者として非常に評価が高く、 国際イベントや日本人主催イベント等の司会・進行をおこなっています。 最近は、司会だけではなく、 企業内でのイベントなどでオークショニアとしても信頼されています。 オークショニアとしては、 某企業主催のチャリティーイベントで5千万円以上を集めた実績もあります。

主なイベントとして、
MLB、リコーワールドベースボールクラシック(東京ドーム) STAR WARS 30周年ジャパンコンベンション(幕張メッセ) Make a Wish Foundation(ペニンシュラホテル) YMCAチャリティーイベント(ヒルトンホテル) ピーロートジャパンワインオークション デヴィ夫人主催チャリティー舞踏会(目黒雅叙園)など 数多くの場で活躍しています。

司会のご依頼はグレッグ・アーウィンオフィスまでお問い合わせ下さい。


声優・ナレーション

横浜FM主催のDJコンテストで市長賞を受賞した事がきっかけで グレッグ・アーウィンは声優のキャリアをスタートしました。 毎日、日本の何処かでグレッグの声がテレビCMやラジオから流れています。 また、近年は日本だけではなく、アジア、ヨーロッパ、中東などでも聴く事が出来ます。 キャラクターの幅の広さと質の高さが好評で、 テレビ番組、CM、企業VP、教育関係、ゲームボイスなど 多岐にわたるジャンルで起用されています。

主なクライアント
トヨタ自動車、ホンダ、日産、パナソニック、ソニー、JAL、日本マクドナルド、 全日空、NTTdocomo、VISA、CITIグループ、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、 KDDI、ニンテンドー、KONAMI、DHC、ヤマハ、ALC、フジテレビ、テレビ朝日、 TBS、NHK、アイリスオーヤマ、エステー科学、など 他でも、様々なNHKドキュメンタリーのナレーションも担当し、 その中で3作品が日本賞や国際エミー賞にノミネートされました。

声優・ナレーションのご依頼はグレッグ・アーウィンオフィスまでお問い合わせ下さい。

グレッグ・アーウィン ボイスサンプル
※再生を止めてから次の音声を選択してください。

  • Japanese(日本語)

  • English(英語)

テレビ出演・アクター・舞台

グレッグ・アーウィン【身長186cm、82kg】

TBS「ガチャガチャV6」、「知っとこ」、テレビドラマ「私は貝になりたい」(所ジョージ主演)や舞台「お江戸でござる」(新橋演舞場)、「のど自慢」(名古屋御園座)に俳優として出演しました。 テレビコマーシャルではコミカルな演技も披露しています。 舞台役者としてアメリカで活動をしていた経験を活かし、 東京ディズニーランドがオープンした当時、 「白雪姫」で王子様役も演じていました。

また、ドキュメンタリー番組のナビゲーターも担当し、 秋田テレビ開局35周年記念番組「心の情景 白神山地」は、 大変話題になり、全国各地で放送されました。 ゲストとしてテレビ番組にも出演もしました。
バイタリティーに溢れ、色彩豊かなグレッグ・アーウィンは 様々なメディアに登場しています。

出演依頼はグレッグ・アーウィンオフィスまでお問い合わせ下さい。

グレッグ・アーウィンの翻訳

あらゆる作品を翻訳いたします

グレッグ・アーウィンはハワイ大学で日本語を専攻して卒業に 至りました。
ドナルド・リッチー氏(日本映画の権威者)や エドワード・サイデンスティカ氏 (川端康成の作品を英訳してノーベル文学賞を受賞) を筆頭に素晴らしい人物達に出会い、師事する事によって 翻訳の技術を習得しました。

グレッグは芸術と詩(ポエム)を翻訳の中心に、 ジャンルを問わず会社企業のテーマソングを制作したり、 子供向けの絵本なども翻訳しています。
作品の一例として、森喜朗氏(元内閣総理大臣)作品 「アヒルのアレックス」の翻訳も手がけました。

英訳は「絵を描くように」をモットーに、直訳は用いません。例えば、「花」の歌詞 「眺めを何にたとうべき」は「Heaven here on earth」と、「赤とんぼ」の冒頭の 「夕焼け小焼けの赤とんぼ」は「Dragonflies/As red as sunset」と訳しました。 曲の意と雰囲気を損なわない気遣いをしつつ、韻を踏む、語感を楽しむといった 技巧を凝らします。「あめふり」では「ピッチピッチ、チャップチャップ」を英語の雨音 「splishy , splashy」で表現。「ランランラン」は、そのままだと英語の「 run(走る)」 になってしまう為「Happy am I !!」と訳し、楽しい雰囲気を伝えました。

翻訳のご依頼はグレッグ・アーウィンオフィスまでお問い合わせ下さい。

講演のご案内

日本在住20年。
この国の風土を愛し、外国人でありながら「童謡の伝道師」と呼ばれる程の共感力を 根幹に宿すグレッグ・アーウィン。
歌手にとどまらず翻訳、声優、司会、役者等で活躍するその並外れたバイタリティーは、 普段見落とされがちな日常から、グローバルな視野でとらえた日本の在り方まで、 人間愛を土台にひも解きます。
溢れるユーモアを交え、慈愛に満ちたその瞳が見つめ続けている、愛してやまない日本。 グレッグの童謡を交えながらの流れるような日本語で綴るオリジナル講演は、 年齢を問わず全国の小学校、中学校、国際交流団体、地域交流などで好評です。

〜今だからこそ見つめ直して守りたいこと〜
〜国境を超え、世代を超えて伝えていきたいこと〜

グレッグ・アーウィンとアクアミュージックはそんな皆様と歩みを共にし続けています。

講演のご依頼はグレッグ・アーウィンオフィスまでお問い合わせ下さい。